うつ病の症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)には、精神的な症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)や肉体的な症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)など様々な症状がありますが、鍼灸治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)が有効なのは、肉体的な症状に対してです。うつ病(早期治療が何よりも大切です。放置するととても危険ですし、治りづらくなってしまうでしょう)の肉体的症状としては、不眠、疲労感、全身倦怠、めまい、頭痛(外傷以外の原因で頭部に痛みを感じる症状をいいます)、発汗、食欲不振、肩こり(筋肉の疲労が原因であることが多いものの、病気が原因で起こることもありますから、自己診断は禁物です)、目のかすみ、慢性的な便秘や下痢(何が原因になるかは個人差が大きいでしょう)などがあげられるでしょう。これらの鬱病(家族や周囲の人の理解が得られずに、孤独に苦しむことも少なくありません)の肉体的症状の多くは、精神的なものからきます。精神的な落ち込みや不安(瞑想する習慣をつけると、いいといわれているようです)感が食欲不振を招き、肉体的疲労へとつながり、全身倦怠となります。また、不眠や頭痛、めまい、肩コリなども現れるようになるでしょう。病院へ行くと抗うつ薬を処方されますが、抗うつ薬の多くが副作用を伴いらっしゃるでしょうね。胃が荒れ、肝臓にダメージを与え、熟睡できない状態になり、それがさらに精神に悪影響を与える・・・この悪循環(負の連鎖という表現もありますね)に陥ってしまうでしょう。こういったうつ病(気分障害の一種であり、精神疾患です)の患者(病気に感謝できるようになると、克服できるとよくいわれます)に対して鍼灸(WHO・世界保健機関も、一部の疾患に対する有効性を認めており、病気によっては健康保険が適用できます)では、弱った内臓の免疫力を高めることからはじまって、体を流れる気の乱れを修正・回復させ、食欲不振や睡眠不足を改善していってください。身体のバランスが整えられると、気分も落ち着き、精神的な落ち込みや不安定な状態も回復していくでしょう。うつ病(本人だけでなく周囲のサポートが必要不可欠でしょう)に対する鍼灸治療の効果は、肉体面に対するものであるため、100%という訳ではないのですが、肉体的不調の改善は精神面の改善へつながることが期待できます。特に軽症から中等症であれね、かなりの効果が高いようです。重症のうつ病の場合は、専門の病院での投薬治療と併用して鍼灸治療を行えね、相乗効果が期待出来るでしょうー